ずーっといっしょ

TOP >  モニプラ >  【口と足で描いた絵】 メッセージを込めた付せんメモ!「マイスティッカー」♪

【口と足で描いた絵】 メッセージを込めた付せんメモ!「マイスティッカー」♪

口と足で描いた絵ファンサイト参加中

早いものでもう2月
我が家の梅も咲き始めて、、
春の訪れを感じられるようになりました
そんな私が、今回、

口と足で描く芸術家協会さまに
モニターさせていただいたのが

鮮やかブルーの
シンプルで大人も男性も使いやすい付せんメモ。

P2031261-2.jpg

「マイスティッカー(付せんメモ)」

● 付せんメモ:7.4×10.4cm 50枚
● 台紙のサイズ:7.6×10.6㎝
● のり位置は上

開いてみると、、

「マイスティッカー(付せんメモ)」には

P2031262-2.jpg

Living together with Mouth and Foot Painting Artists.

皆様も画家たちと共に…の意を込めたメッセージが

genga.png

素敵な絵とともに、入っています
いつも共に、、、素敵です

このデッサンを描いたのは、
口で描く画家 水村 喜一郎(千葉県在住) さんです。

水村さんは、9歳の時に高圧線で感電し両腕を肩から失いました。
しかし、不自由さを伴いながらも、先生や友人たちの温かい応援を受けながら、
手の代わりに口と足を使って生活の全てにわたり何事にも果敢に挑み、
自助の精神を貫き通しました。
小さいころから画家を夢見ており、事故後すぐ口に筆をとり、
14歳の時から油絵を描き始めます。
17歳の春に初めて公募展に入選。
これを機会に油絵への情熱が高まり、創作活動に打ち込みました。
静寂と安らぎを宿す世界を独特の美しさで描き、「描く詩人」といわれ、
技術とその絵の持つ力は傑出しています。
2013年5月、長野県東御市に
自身の作品を集めた「水村喜一郎美術館」を開設。
同年8月には、
天皇皇后両陛下(今の上皇上皇后両陛下)が来館されたことでも話題になったそうです。
そんな水村さんのインタビューを行ったコンテンツ

genga-1.png

ぜひ、ご覧くださいね~

さてさて、、とっても使い勝手のいい
「マイスティッカー(付せんメモ)」

いつもは私はもっと小さいものを使っているのですが、
いつも書ききれなくて、、
でも、

P2031265-1.jpg

この大きさ、、たっぷりとかけてとっても嬉しいです。
忘れたくないソースのレシピとか、ありませんか
私はそんなレシピを「マイスティッカー(付せんメモ)」に描いて

P2031264-1.jpg

冷蔵庫に貼ってあります
いつでも、すぐに見ることができて
とっても便利です(^^)v

他にもパソコン周りとか、、、

P2031266-1.jpg

忘れたくないちょっとしたメモに、、
あれこれ使えて便利です
素敵なグッズとの出会いに感謝です

あなたも、そんなお気に入りグッズと出会ってみませんか
温かい気持ちになれるグッズは、、
こちらから


口と足で描く芸術家協会ネットショップ

口と足で描く芸術家協会

関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可